シリコン耐熱皿を使った料理の利点

- May 31, 2019-

1. わかりやすい

シリコンパンを使用すると、焼き菓子やミートローフなどの調理済み料理を見つけ出したり、型から外したりすることが非常に簡単になります。 彼らはとても柔軟で完全に焦げ付き防止であるので、あなたの美しい創造物の一部が鍋の内側にくっついていることに対するこれ以上の欲求不満はありません - あなたが何か美味しくて家を見つけようと本当に努力したときただの悲痛です。製。

2.安全に使える

あなたがオーブンからそれらを取り出すとき、シリコーン鍋は本当にすばやく冷やす、これはあなたがケーキとマフィンを型から取り出すことができるようにあなたの鍋が縁に触れるために涼しくなることを意味します。パンします。

3.きれいになること容易

シリコン耐熱皿製品は使いやすく、完全に焦げ付き防止なので、何も「焼き付け」て掃除しようとすることはありません!

皿や金型を食器洗い機で(一番下の棚でも)ぽんと鳴らすことも、暖かい石鹸水で手で洗うこともできます - 必要に応じて裏返しにすることもできます!

あなたが選んだどんな形の鍋でもきれいにするためのどんな厄介なコーナーや割れ目も決してありません - そして、たくさん、心、星などがあります!

シリコンは防汚なので、色あせたり変色することはありません。また、非吸収性で傷がつきにくいので、目に見えない細菌を心配する必要はありません。

4.完璧な結果を得やすい

シリコンベイクウェアは、すべてを均一に焼きます。 金属製の鍋を使用するときは、ケーキが錫の側面と接触している端でカリカリになることがあります。 これはシリコン皿では起こりません、すべてが均一に茶色になります。

さらに、鍋はとても早く冷えるので、あなたが焼いたものは缶の中で調理を続けません、あなたがオーブンから鍋を取り出すとき調理時間は止まります。

シリコーンは調理臭気を吸収しない

シリコン耐熱皿は完全に無孔質なので、調理したものからの臭いを吸収しません。 たとえば、スパイシーなミートローフを焼き、暖かい石鹸水で鍋を洗い、それからチョコレートケーキを焼くことができます。あなたのケーキにはスパイシーなミートローフのヒントはありません。

6.広い温度範囲で使用しても安全

すべてのシリコーン耐熱皿のブランドは使用のためのわずかに異なる指示を持っています、しかし大体の目安として、あなたはマイナスマイナス40℃程度まで冷凍庫であなたの鍋を使うことができます。 オーブンでは、最高約250oC(摂氏)まで使用できます - それは約480oF(華氏)です。

7.保存が簡単

フライパンは軽量で柔軟なので、このタイプの耐熱皿は保管が簡単です。 あなたはそれらが壊れたり、引っかき傷がついたり、へこんだりさびたりさびたりすることを心配する必要はありません。


上一条:ボール形の製氷皿の作り方 次条:シリコーンケーキ型の迅速開発と応用