シリコーンを使用したベーキングの長所と短所

- May 27, 2019-

シリコーンを使用したベーキングの長所と短所

長所

E asy clean up :シリコンを裏返しにして、届きにくいコーナーに入れることができます。 さびたり損傷したりすることを心配せずに浸すことができます。 これにより、クリーンアップが簡単になります!

耐久性 :金属とは異なり、長年にわたってシリコンが錆びるのを心配する必要はありません。 ガラスとは異なり、落としたときにこの材料が粉々になるのを心配する必要はありません。 はい、それは投資ですが、私にとっては価値がありました。

省スペース :前述のように、シリコンはスペースを大幅に節約できます。 だから、ほとんど使わない金属製マフィンパンを食器棚にぶらぶらさせる代わりに、コーヒーカップとほぼ同じスペースを占める柔らかい、かわいいシリコン製マフィンカップを用意することができます!

再利用可能で環境に優しい:金属製のマフィン鍋を使用する場合、紙製のマフィンカップを使用する必要があります。これは必然的に廃棄されます。 しかし、シリコンバージョンを使用すると、これらの紙コップが不要になるため、紙くずを減らすことができます。

短所

安全性の研究はむらがある :これはまさにそのように聞こえます。 シリコーンを調理することが安全かどうかについては、それほど多くの研究はありません。 つまり、「安全」または「安全ではない」文献はあまりないということです。 だから、あなたは自分で決める必要があります! 個人的にはそれでいいと思うし、それを使って料理を楽しんでいる。

溶ける可能性があります。シリコンは、グリルプレート、コンロ、直火、ブロイラーなどの直接的な熱源には使用できません。 これらのソースの1つでそれを使用すると、実際に溶けてしまいます。

劣化する可能性がある :SF Gateなどの一部の人々は、シリコンが他の方法で穴を開けて劣化する可能性があると主張しています。 これは、購入するシリコーンの品質に関係していると思います。 あなたがそれをつまむと白くなるものを買いましたか? おそらくそれをしない製品の前にほこりをかむでしょう。 さらに、永遠に続くものは何もないので、「劣化」が欠点だとは本当に思いません! ガラスが砕け、金属が錆びます。 完璧な素材はありません。


上一条:シリコーンの変化する認識 次条:ボトルストッパーとは